Biography

DJBBALL_pt1

クラブシーンにおける「DJ」というカルチャーが誕生以降、長い年月を経てどれだけ拡散し、今やその定義すら曖昧になろうとも、その本質的な構図だけは決して変わらない。つまり、この文化とは99%以上の現状に甘んじるDJ=Followerたちと、1%未満の明確なヴィジョンを持った、シーンの未来を切り開くDJたち=新たなLeader、二つの人種のみによって構成されている。そして、DJ B=BALLとは紛れもなく後者。DJを通じて大阪から日本、そして世界へと、多くの人の心を揺るがすことのできる希有な存在だ。常に世界のクラブシーンの新たな刺激、潮流に着目し、日本人DJとしてのアイデンティティに拘り、己のセンスのみを拠り所に様々なジャンルを縦断、吸収。時にバトルDJにも匹敵するほどの技術を磨き、プロデューサーとしての制作活動もこなすなど、気の遠くなるようなトライ&エラーを繰り返しながら、一歩ずつ着実に進んできた彼の道のりは、変化を恐れなかった表現者だけが手にすることのできる、気高いクリエイティヴィティに充ちている。

Text / Takeshi Urata

 

DJ B=BALL started his professional DJ career in early 2000. He was just one of DJs who opened up nightclubs in Osaka. But he stayed humble and worked so hard. He never stopped cultivating various genre of music.

In 2013 and 2014, he went for the competition of Red Bull There3Style but he could not win.  He did not stop challenging and he even practiced more and that led him more technical in no way inferior to battle DJs. Also he expanded his creativity into productions. DJ B=BALL makes beats under the name of DBB.

In 2015, he finally became a champion of Red Bull Thre3Style Japan. In the same year, he got supported by DJcity Japan and did Japan tour “GIVE ME WINGS JAPAN TOUR.”

His spirit of inquiring music always makes DJ B=BALL progressive.